Greeting
topごあいさつアマゾンジャングル再生基金とは基金規定 協力・後援団体 アマゾンを見る・知る アマゾンブログ
ごあいさつ
1ha は、ほぼサッカー場ひとつぶん。
そして、1ha のジャングルには、590t のCO2 が必要です。
ひとりひとりの行動がジャングルの再生を実現します。
都会も、自然も、私達のココロも、森を必要としています。


地球の酸素の4分の1を供給するアマゾンのジャングルが今、伐採の危機にさらされています。
地球環境と生態系を次の世代に残すために。そして、私たち自身の人生をより豊かにするために。
ひとりひとりの行動がジャングルの再生を実現します。
私達が感じるひとつひとつのメッセージから始めたい。
都会も、自然も、私達のココロも、森を必要としています。

それは、日本人にとっても地球の反対側の出来事ではありません。


平成20年はブラジル移住100周年、21年9月16日にはアマゾンのトメアスに入植して
80年になります。かつてシケに揺られ必死に渡航した日本人移住者達は、
1日に1にぎりの食べ物しか口に出来ない2000万の人々が
住む閉ざされた土地セラードを苦闘の末に開墾、黒胡椒や麻などの栽培に成功して
「緑の魔術師」と尊敬されました。
ある専門家は「セラード地域の50%が開発される事によって10億人の食糧生産が可能になる」と
発表しています。

そしてその一帯が、今新たに世界的な食料資源獲得競争の焦点となっています。
最近ではセラード地域を突き抜けて、世界の酸素の1/4を供給するといわれる
アマゾン地域まで開発が進み食糧や原料の急激な需要によって、
ジャングルの伐採は加速の一途をたどっています。

アマゾン国立研究院によれば、酸素や生態系を守るアマゾンのジャングルの1haは、
ほぼサッカー場ひとつぶん。
そして 1ha のジャングルには、成長力によって差があるとはいえ、
平均590トンのCO2が固定されています。

森がなくなればそれだけの酸素が放出されます。地球温暖化を進めないために森を切らない。
まずは森が消えるのを止める事が急務です。そのためには、森に生きている人々の生活を
守る必要もあるでしょう。

今わたしたちができる事。
アマゾンジャングル再生基金の目的はアマゾンのジャングルを守る事、アマゾンの現実をお互いに知り合う事です。

経済は自然の鏡であり、都会には森が必要ですし、森の生活は守られなければなりません。
ヒトも動物も、自然の生態系を守る事で、初めて街の生活は育まれていきます。
自然の恵みを享受しつつ、次世代へ引き継ぐ事は何よりも私達の活力を再生するために必要です。


ブラジル環境省は平成19年8月から12月までの5ヶ月間だけで7000万平方キロの森林が失われたと
発表しました。これは東京都の3倍にあたり、実際には伐採のスピードはさらに加速しています。

もちろん上空からみると、アマゾンの森は一様な外観を見せますが、50m以上の木もあれば、
10mの木もあり、1haには100以上の樹種が存在します。
そして、数百年の樹齢の樹木が一般的です。
つまり、一度伐採されたジャングルの現状を植林で実現する事はほぼ不可能といっていいでしょう。

 

ここで、森を守る具体的な意味を純粋に数字的な計算で考えてみましょう。
アマゾナス州のJUMA保全地の保全プロジェクトはCCBスタンダードを取得し、
正確なデータが公開されました。
研究によると保全地にある「濃密な森」は、1haあたり590トンのCO2を固定している計算になります。

 

平成19年日本全体で排出されたCO2量を人口で割ると、1人平均10.2CO2トンの排出量に
なります。
もちろん、日本人ひとりあたりの生活から排出されるCO2量には違いもあり、
削減努力も必要ですが、自分の生活から生まれたCO2排出量をオフセットする事だけを
考えてみると計算上ではこうなります。
アマゾンの「濃密な森」で、1ha には平均750本があると推定されています。
すると、1本の木にはおよそ0.78CO2トンが固定していることになります。12本の木で約9トンです。
単純にいうと、ひとりの日本人は1年で12本の木を燃やしつくしている計算になります。 
逆に1ha は3025坪、ここに590トンのCO2があるとして、100坪ではほぼ20トン。

100坪の森を守るという意味は、ひとりの日本人が毎年排出するおよそ10トンのCO2の2年分を
森に守ってもらう、自分の費やすカーボンオフセットを森に託す事でもあります。
森を守るにはそれだけでは足りません。
その他に、森を監視し、管理し、森を切らないですむような森の生活を支える必要があります。

そして、30人で1ha、10万人で3400ha。これは山手線のおよそ7倍にあたります。
アマゾンの森林地帯は全体で3億6700万ha。まずは10万分の1から始められたらと思います。


平成21年4月8日


特定非営利活動法人アマゾンジャングル再生基金

設立代表者    今村和夫

 

 

ITTO 駐日ブラジル大使館 社団法人日本海外協会 IPE AMAKAI ArtLIFE VEJ