Regulation
top ごあいさつ アマゾンジャングル再生基金とは 基金規定協力・後援団体 アマゾンを見る・知る アマゾンブログ
基金規定
アマゾンジャングル再生基金規定

第1条 (名称)
この基金は「アマゾンジャングル再生基金」(以下「RwJ基金」)と称します。

第2条 (趣旨)
本規定はRwJ基金の設置及び運営に関して必要な事項を定めるものとします。

第3条 (運営者)
1. RwJ基金の運営者は、「特定非営利活動法人アマゾンジャングル再生基金」(以下「RwJ」)とします。
2. RwJは、RwJ基金の運営に係る事務を執り行い、RwJ理事会がRwJ基金の運営に係る責任を負います。


第4条 (目的)
RwJ基金は、ブラジル国のアマゾン原生林を、政府機関、国際機関、非営利団体その他これに類する団体(以下「委託機関」)を通じて、継続的に管理して保全することを目的とします。


第5条 (事業)
RwJ基金は、前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行います。
(1) ブラジル国のアマゾン原生林に関する各種調査事業
(2) 原生林保全のための寄付金の募集及び受入事業
(3) 原生林保全に関する委託機関との交渉・調整に係る事業
(4) 委託機関の管理・保全業務に係る情報収集及び保全状況の広報事業
(5) その他前各号に付帯する事業


第6条 (寄付金)
1. RwJ基金は、基金の目的に賛同する個人又は団体から集められた寄付金を主な資金源とします。
2. RwJ基金への寄付は1口1万円を基本としますが、募集方法によってはその単位をRwJが適宜設定できるものとします。
3. 反社会的勢力等公序良俗に反する個人又は団体からの資金と明確に判明できた資金、法令遵守の観点から受け入れるべきではないと判断される資金、その他正当な理由により受け入れを拒むべきと、RwJが判断した資金については受け入れないものとします。


第7条 (事業費・経費の支払い)
1. RwJ基金は、前条の資金の取り崩し及び当該資金から生じる利息等の収入によって第5条に定める事業を行います。
2. RwJ基金の運営に係る経費の支払いは、文書による請求書の提出後、RwJの監事もしくはRwJ理事会が選任する者が承認して行うものとします。但し少額の旅費交通費を除き、領収書あるいはそれに類する文書がないものについては、これを支払いません。
3. 前項に定める経費の支払い上限は、寄付金総額の20%以内とします。


第8条 (所掌)
1. RwJ理事会は、第5条第1項各号に定める事業に関する決定を行います。
2. RwJ理事会は前項のほか、次に掲げる職務を所掌します。
(1) 基金の財産の状況及び業務実施状況の確認
(2) 寄付金の募集及び受け入れに関する支援
(3) その他基金運営に関し必要な事務
(4) 基金の継続、解散など、その他基金運営に関する重要な事項


第9条 (意思決定に関するその他の事項)
RwJ理事会による決定及びRwJによる職務執行は、RwJの監事が必要と認めた場合、監事による監査を受けるものとします。


第10条 (事業報告等)
RwJは、RwJの事業年度と同一の期間において経理を行い、事業年度終了後遅滞なく、事業実施状況報告書及び決算報告書並びに財産目録を作成し、RwJ理事会に対して報告するものとします。なお、RwJ理事会が当該報告を受領したのち、RwJは、RwJの公式Webサイト等で当該事業報告等を公開するものとします。


第11条 (基金の解散)
RwJ基金は、以下のいずれかに該当する場合に解散します。
(1) 第4条の目的を達成し、RwJ基金の存在意義が見出せなくなったとき
(2) 第4条の目的の達成が不能であることが明らかなとき
(3) RwJ基金の資金が不足し、第5条の記載の事業の継続が著しく困難であることが明らかなとき
(4) RwJが解散するとき
(5) その他、基金を解散すべきとRwJ理事会が判断を下したとき


第12条 (残余財産の処分)
RwJは、RwJ基金解散後速やかに決算を行い、残余財産があるときは、RwJ理事会で決定したRwJ以外のものに寄付するものとします。


第13条 (情報管理)
1. RwJのスタッフ及び理事は、RwJ基金で知り得た個人情報及びプライバシーに関する事項を第三者に漏洩してはならないものとします。
2. 前項の遵守をより明確にするために、RwJ理事会は「個人情報保護方針(プライバシー・ポリシー)」を策定して公表します。


第14条 (委託機関)
第4条に定める委託機関に関し、委託機関の名称、委託の内容、委託決定の理由等について、RwJ理事会が行った決定その他を、RwJは開示するものとします。


第15条 (調整)
RwJ理事会は、委託機関との調整の全部もしくは一部を、第三者に委託することができるものとします。


第16条 (管理保全業務の状況把握及び報告)
RwJは、委託機関の土地管理・保全業務に関し、その状況把握のための情報収集を、第三者に委託することができるものとします。その際、RwJは、当該委託業務に関して委託機関もしくは当該第三者に状況報告を求め、第4条の目的に照らして適正に管理されているかについて、RwJ理事会に報告するものとします。


第17条 (条項の変更及び改廃)
本規定制定時には予見することができなかった特別の事情により条項を変更する必要が生じたときは、RwJ基金の趣旨に反しない限りにおいて、RwJ理事会の承認を受けてこれを変更、改廃することができるものとします。


第18条 (その他)
本規定に定めのない事項、又は、本規定の各条項に照らしてその適用に疑義が生じた事項については、RwJ理事会が審議して決定するものとします。


附則
本規定は、2009年9月15日から施行します。

アマゾンジャングル再生基金 基金口座

みずほ銀行 吉祥寺支店
普通口座番号:1297016
口座名義:特定非営利活動法人アマゾンジャングル再生基金

21生都管法特第460号 平成21年6月30日

ITTO 駐日ブラジル大使館 社団法人日本海外協会 IPE AMAKAI ArtLIFE VEJ